阪神低迷の原因は金本監督?契約はいつまで?藤浪との確執の真相も

2016/09/12

阪神の低迷が余りにもひどい...。

2016年シーズン、阪神タイガースのここまでの低調ぶりに、タイガースファンはがっかりしているのではないでしょうか?

個人的にもこの有り様に非常にガックリきています。

阪神第33代監督として金本知憲さんが就任し、「超変革 Fighting Spirit」のスローガンを掲げ、今後に期待を抱かせる船出となった開幕前。

野球評論家の間でも評価が高く、順位予想もかなり高いものとなっていましたが,,,

蓋を開けてみると...。

いったいなぜこのような事態になってしまったのでしょうか?

ここでは、阪神低迷の原因は金本監督にあるのか?また契約について、噂される藤浪投手との確執の真相についてもまとめていきたいと思います!

関連記事
クライマックスシリーズ2016の日程は?チケット入手方法なども
日本シリーズ2016の日程は?チケット入手方法なども

阪神低迷の原因は金本監督?

阪神タイガース低迷の原因が金本監督にあるのかを考える前に、大前提として考えておかなければならないことが1つあります。

それは、チーム成績の良し悪しについて最終的に監督が全責任を負うということです。

これはいかなるスポーツ、またチーム状況においても当たり前のことで、どんな言い訳も通用しません。

勿論、過程も重要ですが、結果を求めるプロスポーツは慈善事業では無いためです。

ですから阪神タイガースの順位について、金本監督は責任を負わなければなりません。

ただ、金本監督が掲げたスローガン「超変革」の一端は見せてくれています。

若手を積極的に起用し、鳥谷選手の起用法など、これまでほとんど手をつけることの無かったベテラン勢にもメスを入れました。

FAやメジャー帰りの選手に頼って若手を育ててこなかったこれまでの阪神とは違うやり方で指揮を執っている点は非常に評価できると思っています。

今を「種を蒔いている時期」と考えれば、来シーズン以降の阪神に期待がもてますね。

一方、若手を育成していれば、そのシーズンはどうでもいいのか?という見方もあります。

どのようなスポーツにおいても、世代交代は常に悩みの種。

いかにチーム成績を落とさず、若手を起用し育てていくのかは、どんな名監督でも難しいところです。

仮に、チームが優勝しても若手を育てていないから全く嬉しくないというファンはいませんし、低迷していても若手を育てているから全然悔しくないというファンもいません。

やはり、ファンとしては優勝が見たいのです。

先にも触れたように、監督はチーム成績の全責任を負わなければなりませんが、阪神低迷の原因は全て金本監督にあるわけでは無く、これまでFA選手などに頼り、若手を育ててこなかったチーム方針、フロントにも責任はあると思います。

スポンサーリンク

金本監督の契約はいつまで?

金本監督の契約年数は公表されていませんが、3年契約を基本に4年の可能性もあるとされています。

また球団は、阪神ファンに絶大な人気があることもあり、金本監督の長期政権も視野に入れているようです。

スポンサーリンク

藤浪との確執の真相は?

阪神ファンのみならず、野球ファンにとって心配になるのは藤浪投手の現状です。

同年にプロ野球界に足を踏み入れた日本ハムの大谷選手との差は残念ながらどんどん開いています。

個人的に阪神を応援していながら、藤浪投手の入団が決まったときに嫌な予感がしていました。

それはやはり、ドラフト、育成を基本とする日本ハムに対し、阪神は育成に問題があると思っていたからです。

結果は誰しもが知っている通りです。

このような藤浪投手ですが、金本監督との確執があるのでは?と噂されています。

やはりそれが大きく報道されるきっかけとなったのが、甲子園で行われた広島戦で先発した藤浪投手に161球を投げさせ敗戦したということです。

その後金本監督がメディアに対し「今日は何球投げようが、何点取られようが最後まで投げさせるつもりだった」と発言したことで懲罰の意味があったことが明らかとなり、その采配について賛否両論が起こりました。

この試合では金本監督の言うとおり、藤浪投手の投球はエースと呼べるものではありませんでした。

ただ、試合自体は途中までまだ逆転できる可能性があり、早々とあきらめるような試合ではありませんでした。

それについて、マスコミやネット上では様々な意見がありました。

結果は監督が責任を持つため、どんな批判があってもそれ自体問題は無く、ここでそれについて論じることはありませんが、当人達が何を考えていたのかは重要であると思います。

金本監督は、この試合を捨ててでも、また、たとえ161球投げさせて肩、肘に影響がでても今後阪神を背負うエースを育てるためにと続投させたのかもしれません。

ただ、藤浪投手は続投についてどう受け取ったかはわかりません。

このような事が発端で確執の噂は流れていたと思いますが、個人的にはこれはただの噂であると思っています。

そもそもまだ若手である藤浪投手が、阪神ファンに絶大な人気を誇るOBであり監督である金本監督に対し、反抗するということは考えられないと思っています。

金本監督の叱咤激励を周りが波風立てているだけではないでしょうか?

阪神低迷の原因は金本監督?契約はいつまで?藤浪との確執の真相ものまとめ

チームの成績が悪いと様々な波風が立ち、悪い噂も流れます。

また、野球中継などで映し出される阪神ベンチも、選手みんな表情がどんよりしているように感じます。

個人的に応援しているチームの状態が悪いと、それこそ可愛さあまって憎さ...なんてことがありますが、これも阪神タイガースを応援しているからこそです。

今の低迷は未来への「種を蒔いている時期」と信じ、これからも応援していきたいと思います!

-プロ野球
-, ,

スポンサーリンク