凱旋門賞2016テレビ中継情報!日本馬過去の成績やマカヒキ情報も

2016/09/16

2016年も競馬ファンにとって熱いレースがやってきます!

2016凱旋門賞

日本のダービー馬マカヒキが出走を予定、また凱旋門賞の馬券を購入できる初めてのレースということもあり、非常に注目を集めていますね。

ここでは、凱旋門賞2016のテレビ中継予定や、過去の日本馬挑戦の歴史、また出走を予定しているマカヒキについての情報をまとめていきたいと思います!

凱旋門賞2016テレビ中継は?

例年ロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞ですが、現在は改装中の為、2016年はシャンティイ競馬場で行われます。

日程は日本時間で10月2日(日)23時5分の発走予定となっています。

気になる凱旋門賞2016のテレビ中継ですが、競馬専門チャンネル、グリーンチャンネルでは

海外競馬馬券発売開始記念番組!2016凱旋門賞中継

放送時間
10月2日(日) 22:30 ~ 24:00
※発走時刻により放送時間が変更となる場合があります。

以上となっています。

また、地上波ではフジテレビのMr.サンデー内で放送されるのでは?とされているようです。

スポンサーリンク

凱旋門賞日本馬過去の成績は?

凱旋門賞は過去日本馬が何度も挑戦し、そして跳ね返されてきたレースです。

それでは過去の日本馬挑戦の歴史を振り返ってみましょう。

第48回 スピードシンボリ
第51回 メジロムサシ
第65回 シリウスシンボリ
第78回 エルコンドルパサー
第81回 マンハッタンカフェ
第83回 タップダンスシチー
第85回 ディープインパクト
第87回 メイショウサムソン
第89回 ナカヤマフェスタ
第89回 ヴィクトワールピサ
第90回 ヒルノダムール
第90回 ナカヤマフェスタ
第91回 オルフェーヴル
第91回 アヴェンティーノ
第92回 オルフェーヴル
第92回 キズナ
第93回 ハープスター
第93回 ジャスタウェイ
第93回 ゴールドシップ

過去には4度の2着があり、世界最高峰のレース、凱旋門賞を制するのはあとわずかに見えましたが、やはり壁は厚いようです。

第85回でのディープインパクトは、日本競馬最高の競走馬であり、凱旋門賞の制覇に期待がかかりました。

ですが、結果は禁止薬物が検出されたことでの失格処分。

これはレース結果以上に、日本馬が海外に遠征する難しさを感じさせ、競馬関係者へも驚きを与えました。

また、第91回のオルフェーヴルは勝利を手にしたかに見えながらのまさかの敗北は競馬ファンにとって衝撃だったのではないでしょうか?

このように、何度も跳ね返されてきた凱旋門賞という舞台、2016年はダービー馬、マカヒキに期待が寄せられています。

スポンサーリンク

凱旋門賞2016挑戦のマカヒキは?

近年の凱旋門賞は、日本馬が複数出走することが多くなっていましたが、2016凱旋門賞では、マカヒキ1頭での出走となっています。

期待を一身に背負うわけですが、マカヒキに勝算はあるのでしょうか?

マカヒキの成績を簡単に振り返りたいと思います。

2歳新馬 1着
若駒S 1着
弥生賞 GII 1着
皐月賞 GI 2着
東京優駿 GI 1着
ニエル賞 G2 1着

成績だけを見ると立派な成績であり、日本ダービーを制していることなどから、3歳世代ではトップ、日本馬の中でもトップクラスであるといえるでしょう。

また、凱旋門賞と同じ舞台設定で行われる前哨戦、ニエル賞を制していることもあり、海外の競馬にもうまく適応していると考えられます。

3歳馬は斤量でも恵まれており、過去の例をみてもマカヒキが好走しても不思議ではありません。

ただ、海外勢も強く、過去何度も跳ね返されてきた凱旋門賞を勝つことは容易ではないことも理解しておかなければなりません、

凱旋門賞2016テレビ中継情報!日本馬過去の成績やマカヒキ情報ものまとめ

日本競馬の悲願、凱旋門賞制覇、2016年はどのような結果になるでしょうか?

毎年、「今年こそは」と思い続けながら達成することができませんでした。

挑戦するマカヒキは、ディープインパクトやオルフェーヴル程期待されておらず、海外勢のマークも緩くなるでしょう。

さほど期待されていなかったナカヤマフェスタの好走のように、もしかしたらマカヒキが凱旋門賞を制する初めての日本馬になるかもしれません。

それを願って、しっかりと応援したいと思います!

-スポーツ
-, , , , ,

スポンサーリンク