サッカー久保建英の評価やバルサ復帰可能性は?U-16選手権なども

2016/09/28

スポーツ界ではよく、「10年に1人の逸材」などという見出しが紙面を賑わすことがあります。

これはどの競技においても、素晴らしい能力を持った選手に対する比喩表現ですが、現在これに当てはまる選手がサッカー界にもいます。

それは、久保建英選手です。

,,,,,,,やはり前言を撤回します。

彼は「10年に1人の逸材」という例えでは測り知れないほどの能力を秘めているからです。

ここではそんな久保建英選手について、彼の評価やバルサ復帰の可能性、また現在出場しているU-16選手権についてまとめていきたいと思います!

関連記事
アジア最終予選日程と開催場所一覧!W杯2018出場の可能性は?
サッカー天皇杯の歴史と歴代優勝チーム一覧!2017年の開催日程も

久保建英選手のプロフィールは?

気になる久保建英選手のプロフィールや経歴についてまとめてみました。

久保建英選手プロフィール

生年月日 2001年6月4日(15歳)
出身地 神奈川県川崎市麻生区
身長 167cm
体重 60kg
チーム FC東京U-18
ポジション MF
利き足 左足

所属クラブ経歴

2008-2009 FCパーシモン
2010-2011 川崎フロンターレU-10
2011-2015 FCバルセロナ
2015 FC東京U-15むさし
2016 FC東京U-18
2016- FC東京

久保建英選手は日本復帰以降、飛び級での昇格や大会への出場で存在感を示しています。

2016年9月には、FC東京のトップチームに2種登録されており、森本貴幸選手以来の中学生Jリーガーとなっています。

スポンサーリンク

久保建英選手の評価は?

久保建英選手を「日本のメッシ」と紹介する記事を目にしたことがある方は多いのではないでしょうか?

メッシといえば、バロンドール受賞5回、チャンピオンズリーグ得点王4回、そして、リーガ得点王3回を獲得したバルセロナ所属の世界的名選手として知られています。

そのメッシと比較される訳ですから、それだけで彼の評価の高さわかりますね。

また、これは日本だけではなく、世界中のメディアでの表現として使われています。

久保建英選手は、2009年に開催された「FCバルセロナキャンプ」でMVPに選ばれ、FCバルセロナスクール選抜に入ります。

そして2011年、バルセロナの入団テストに合格し、バルセロナの下部組織に入団が決定しました。

まだまだ子供でありながら、バルセロナから高い評価を受けたことは、日本人で初めての快挙でした。

スポンサーリンク

久保建英選手のバルセロナへ復帰する可能性は?

現在、久保建英選手はバルセロナを退団し、日本でプレーしています。

2014年、FIFAはバルセロナに18歳未満の外国人選手獲得に違反があったとし、ペナルティーを課す決定をしました。

FIFAは違反によって獲得したとされる久保選手などの選手に対し、18歳になるまで公式戦の出場を認めないとします。

この処分によって試合に出られない状態になっていた久保建英選手は、帰国を決断することになります。

以上のような過程により現在日本でプレーしている久保選手でしたが、スペインメディアによりバルサ復帰可能性が取り上げられているようです。

バルセロナは、久保選手がF東京に加入した後も、詳細なリポートを取り寄せるなどしていたようです。

また、久保選手の映像を取り寄せチェックするなど、連絡を取り合ってきたとされています。

春休みにはバルセロナ下部組織の練習に2週間程参加しています。

既に、数年後のバルセロナ復帰は規定路線とされていると言われています。

久保建英選手が戦うU-16選手権について

AFCU-16選手権2016に久保建英選手が出場しています。

この大会の目標は勿論優勝ですが、それ以上に、上位4チームに与えられる、2017FIFAU-17ワールドカップの出場権を獲得することにあります。

若い世代の選手達にとって海外勢との試合を数多く経験できることは、非常に重要なことです。

2016年9月23現在

グループリーグ

2016年9月16日 日本 7 - 0 ベトナム
2016年9月19日 キルギス 0 - 8 日本
2016年9月22日 オーストラリア 0 - 6 日本

決勝トーナメント

2016年9月25日 日本 v アラブ首長国連邦
2016年9月29日 準決勝
2016年10月2日 決勝

グループリーグでは圧倒的な力を見せており、久保建英選手も得点を決めるなど、大活躍をみせています。

このまま勝ち進み、是非2017FIFAU-17ワールドカップの切符を掴んで欲しいですね!

サッカー久保建英の評価やバルサ復帰可能性は?U-16選手権などものまとめ

冒頭で触れましたが、久保建英選手は、「10年に1人の逸材」では測り知れないほどの才能を持った選手です。

彼はこれまで日本人選手が歩んだことの無い道を歩んでいます。

そんな素晴らしい選手の可能性を絶やさぬように、私たちも温かい目で見守っていかなければなりません。

2020年、東京オリンピックで久保建英選手の活躍する姿を見るのが待ち遠しいですね。

-サッカー
-, , , ,

スポンサーリンク