西武ライオンズ田辺監督退任で辻監督誕生?その他宮本や秋山との噂も

2016年ペナントシリーズも最終盤を向かえ、セパ両リーグでほぼ順位が固まってきました。

興味は今後のクライマックスシリーズへと向かうわけですが、一方、引退する選手、来期の構想など、他にも話題は尽きません。

そんな中、2016年9月27日に発表された西武ライオンズ田辺監督の退任。

すでにBクラスが確定となっている西武にとっては、来期の構想を見据え、このタイミングでの発表となりました。

そこで注目されるのは次期監督は一体誰になるのか?

ここでは一部で噂されている辻発彦氏の監督就任や、その他宮本慎也氏、秋山幸二氏の可能性についてもまとめていきたいと思います!

関連記事
阪神低迷の原因は金本監督?契約はいつまで?藤浪との確執の真相も
カープ優勝はいつぶり?過去の日本シリーズ成績とカープ芸人の反応も

西武ライオンズ田辺監督の退任

9月27日の試合終了後、西武田辺徳雄監督が今季限りでの退任を発表しました。

会見では、「ライオンズは伝統と歴史のある球団であり、3年連続Bクラスに沈むことはあってはならないことで、決断をしました」と語りました。

成績不振の責任をとる形での退任は、現状のライオンズを見ると仕方の無いことかもしれませんね。

田辺監督が指揮を執った3年間のチーム成績は以下のようになります。

2014年度西武ライオンズ成績

順位 5
勝利 63
敗戦 77
引分 4
勝率 .450

※シーズン途中での就任

2015年度西武ライオンズ成績

順位 4
勝利 69
敗戦 69
引分 5
勝率 .500

2016年度西武ライオンズ成績(9/27現在)

順位 4
勝利 64
敗戦 75
引分 3
勝率 .460

スポンサーリンク

西武ライオンズ辻監督誕生?

西武ライオンズ次期監督として、最有力と噂されているのは辻発彦氏です。

辻発彦氏プロフィール

生年月日 1958年10月24日(57歳)
出身地 佐賀県小城市
身長 182 cm
体重 81 kg

辻発彦氏選手歴

西武ライオンズ 1984 - 1995
ヤクルトスワローズ 1996 - 1999

辻発彦氏は西武の黄金時代を支えた、守備の名手として広く知られていました。

辻発彦氏コーチ歴

ヤクルトスワローズ 2000 - 2001
横浜ベイスターズ 2002 - 2004
WBC日本代表 2006
中日ドラゴンズ 2007 - 2011, 2014 -

引退後は様々なチームでコーチを務め、現在は中日ドラゴンズで二軍野手総合兼内野守備コーチとして活躍しています。

コーチ歴も豊富であり、西武ライオンズOBということで次期監督最有力とされているようです。

スポンサーリンク

西武ライオンズ次期監督、宮本や秋山の可能性は?

西武ライオンズ次期監督として有力視されている人は他にもいます。

宮本慎也氏
現役時代はヤクルトスワローズ一筋。
オリンピック日本代表でもキャプテンを務め強いリーダーシップが期待されます。
また、2009年から2013年までは、一軍の選手と兼任でのコーチ経験があります。
秋山幸二氏
現役時代は西武ライオンズと福岡ダイエーホークスに所属しており、特に西武時代は黄金期を支えました。
引退後は福岡ソフトバンクホークス二軍監督、総合コーチ、チーフコーチを務め、2009年から2014年は一軍監督を務め日本一にも輝いています。
監督としては既に実績があり、チーム再建には最適かもしれません。

以上2人では、西武OBである点、また監督歴、経験などを考えると秋山幸二氏の方が有力であると思われます。

ただもう1人有力な方がいます。

潮崎哲也氏
現役時代は西武ライオンズでの黄金期を支えました。
現在は西武ライオンズの一軍ヘッドコーチ兼投手コーチを務めています。

現在コーチとして西武に所属しているため、現状を深く理解しており、一から選手達との信頼関係を築くという時間は省けます。

もちろん、現在の西武の状況の責任の一部はあると思いますが、ヘッドコーチからの監督就任は選手たちのアレルギー反応も少ないと思われます。

よって、次期監督に潮崎哲也氏も最有力と考えられます。

西武ライオンズ田辺監督退任で辻監督誕生?その他宮本や秋山との噂ものまとめ

個人的に西武ライオンズの黄金期を知っているため、現在の姿は非常に悲しく思います。

常に強く、オールスターを見るかのようなスタメンは、とても印象深いものでした。

願わくば、西武の黄金期を知っている方に指揮を執ってもらい、もう一度常勝軍団を作って欲しいと思います!

-プロ野球
-, , , , ,

スポンサーリンク