第28回出雲駅伝2016出場校やコースは?注目校や放送予定なども

2016/10/05

2016年10月10日、体育の日に開催される第28回出雲駅伝

駅伝シーズンの幕開けとなる出雲駅伝は、全日本大学駅伝、箱根駅伝と並び三大大学駅伝の一つとされており、非常に注目が集まっています。

特徴は他の駅伝と比べ、全体の区間が短いため順位変動がめまぐるしいスピード駅伝となることにあります。

ここでは注目される第28回出雲駅伝出場校やコースについて、また注目校や放送予定についてもまとめていきたいと思います!

第28回出雲駅伝出場校は?

第28回出雲駅伝に出場する学校と出場回数を一覧にまとめました。

第28回出雲駅伝出場校と出場回数

青山学院大学 7
山梨学院大学 21
駒澤大学 24
北海道学連選抜 28
東北学連選抜 28
東洋大学 17
早稲田大学 24
東海大学 18
順天堂大学 21
日本体育大学 18
中央学院大学 7
帝京大学 7
北信越学連選抜 28
愛知工業大学 10
関西学院大学 6
京都産業大学 25
広島経済大学 15
中国四国学連選抜 28
第一工業大学 21
日本文理大学 11
アイビーリーグ選抜 19

青山学院大学、山梨学院大学、駒澤大学はシードチームとなっています。

青山学院大学は2015年シーズン、出雲駅伝と箱根駅伝を制し大学駅伝二冠を達成しました。

また、2016年は三冠を狙える位置にあり、戦力も充実しているため優勝候補と言えそうです。

スポンサーリンク

2016年出雲駅伝のコースは?

全6区間のコースは、それぞれに見どころがあります。

第28回出雲駅伝コース紹介

1区(8.0km)
出雲大社正面鳥居前 > 出雲市役所・JAしまね前
アップダウンのある浜山公園、国道9号に向けての平坦なコースへと続き、選手にとっては仕掛けるポイントが重要となります。
距離が短くスピードが必要とされるコースです。
2区(5.8km)
出雲市役所・JAしまね前 > 斐川直江
コースの中で最も短い区間が2区であり、各チームスピードランナーが登場します。
神立橋を過ぎた長く緩やかな下り坂が勝負のポイントとなりそうです。
3区(8.5km)
斐川直江 > 平田中ノ島
再び斐伊川を渡り平田地域のコースへと入ります。
ここではランナーを襲う強い風がポイントになります。
4区(6.2km)
平田中ノ島 > 鳶巣コミュニティセンター
斐川平野を臨む平坦な道ですが、最後の1kmのアップダウンが勝負のポイントとなります。
風が強い年は追い風になりやすいという特徴もあります。
5区(6.4km)
鳶巣コミュニティセンター前 > 島根ワイナリー前
コースは全体を通して波のような細かいアップダウンが続きます。
距離が短いですが、ペース配分に注意することがポイントとなります。
6区(10.2km)
島根ワイナリー前 > 出雲ドーム前
アンカー区間の6区はコース中最も長い10.2km。
この最終区間では、過去11回もトップが入れ替わって優勝チームが決定するというドラマが生まれました。

スポンサーリンク

>第28回出雲駅伝注目校や放送予定は?

第28回出雲駅伝の注目校は、青山学院大学です!

やはりエースは、マラソン初挑戦となる東京マラソンで日本人3位となった一色恭志選手です。

着実に力をつけており、日本陸上のエース候補になりつつあります。

さらに、その東京マラソンで10代日本歴代最高記録をマークし、日本人2位となった下田裕太選手にも注目です。

選手層も厚いため、青山学院大学の連覇が予想されています。

次に、気になる放送予定については以下の通りとなります。

第28回出雲駅伝放送予定

10月10日(月・祝) 午後1時~3時25分(フジテレビ系全国ネット)
解説 金哲彦(ニッポンランナーズ理事長)、渡辺康幸(住友電工陸上競技部監督)
ゲスト解説 大迫傑(リオ五輪5000&10000m日本代表)

第28回出雲駅伝2016出場校やコースは?注目校や放送予定などものまとめ

2016年駅伝シーズンの幕開けとして注目される第28回出雲駅伝。

一般的に知名度が高いのは箱根駅伝ですが、その結果を占う戦いでもあるため見逃せません!

2016年は青山学院大学対その他、という図式になりそうですが、果たして結果はどうなるでしょうか?

青山学院大学一強時代に一矢報いる大学が現れることにも期待したいと思います!

-スポーツ
-, , , , ,

スポンサーリンク