本田真凜紀平梨花坂本花織GPファイナル進出!出場した近畿選手権は

女子フィギュア界、ジュニアにおいてまたうれしいニュースがありました。

グランプリファイナルへ3名の選手が進出することが決定したというものです。

現在のジュニア世代は非常に人材豊富で、それぞれが各大会で良い成績を残しています。

ここではジュニア世代のエース格の3人、本田真凜選手、紀平梨花選手、坂本花織選手について、また彼女たちが出場した近畿選手権についてもまとめていきたいと思います!

関連記事
フィギュアグランプリシリーズ2016日程や概要!日本人選手情報も
フィギュア紀平梨花のトリプルアクセルとは?浅田真央との比較なども

2016年グランプリファイナル進出者が決定!

本田真凜選手、紀平梨花選手、坂本花織選手が出場する2016年グランプリファイナル。

出場資格は以下の通りです。

グランプリファイナル出場資格
世界各地で開催されるISUジュニアグランプリ大会全7戦中2戦の成績に対して付与されるポイントの上位6人が進める大会です。

これはジュニア世代のトップ6に日本人選手が3名入っているということになります。

ちなみに残りの3名は全てロシアの選手で、完全に日本対ロシアという構造になり、シニアにおける状況と非常によく似ていますね。

スポンサーリンク

本田真凜、紀平梨花、坂本花織が出場した近畿選手権は?

2016年10月07日から開催された近畿フィギュアスケート選手権大会に、2016年グランプリファイナル進出を決めた本田真凜選手、紀平梨花選手、坂本花織選手が出場しました。

大阪府立臨海スポーツセンターで行われた地方の大会に、世界のジュニア世代トップ3名が揃い、グランプリファイナル前哨戦のような形となりました。

近畿フィギュアスケート選手権大会2016結果

1位 紀平梨花  195.18
2位 本田真凜  195.06
3位 坂本花織  181.19

結果はトリプルアクセルを決めた紀平梨花選手がフリーで逆転しての優勝。

本田真凜選手は僅差で逆転を許してしまいました。

2016年グランプリファイナルではどのような結果になるでしょうか?

スポンサーリンク

日本女子フィギュア黄金時代へのカウントダウン

本田真凜選手は、姉妹の存在やメディア露出などで、すでに認知度が高くなっています。

ただ、現在の日本女子フィギュアジュニア世代は非常に層が厚く、綺羅星のごとくタレントが存在しています。

トリプルアクセルを決めたことで一躍有名になった紀平梨花選手、日本で開催されたジュニアグランプリシリーズで優勝した坂本花織選手はそれぞれ大会で本田真凜選手を上回る成績を残しています。

これらの選手たちがシニアに上がる頃、日本女子フィギュアは最盛期を迎えるかもしれませんね。

本田真凜紀平梨花坂本花織GPファイナル進出!出場した近畿選手権はのまとめ

関西出身の3名の選手がグランプリファイナルを決めたことは偶然ではないのかもしれません。

というのは本田真凜選手と紀平梨花選手は同じ濱田美栄コーチに師事しています。

濱田美栄コーチは、他に現在の日本人選手トップの宮原知子選手を指導しており、ジュニア世代の2人にとって身近に世界のトップを感じられる良い環境にあると言えます。

長年に渡るフィギュアの強化が指導者、環境などを育て、それがジュニア世代の育成へと還元されているのではないでしょうか?

3名の出場でますます注目されるグランプリファイナル、3名の健闘を祈りましょう!

-フィギュアスケート
-, , , ,

スポンサーリンク