プロ野球2016監督年棒ランキング一覧!チーム順位との比較も

2016年、野球界もクライマックスシリーズと日本シリーズを残すのみとなりました。

レギュラーシーズンのチーム順位が確定したことで有識者による総評もちらほら見かけますね。

2016年シーズンは新監督が多く誕生したことでも注目を集めましたが、監督の年棒について非常に気になります。

ここでは2016年全監督の推定年棒の一覧、さらにチーム順位との比較をまとめていきたいと思います!

関連記事
2016ドラフト会議の日程や放送は?過去の事件や記録についても
2016プロ野球新人王の候補は?資格や歴代受賞者についても

2016年セリーグ監督推定年棒は?

セリーグの監督たちは2016年どれくらいの年棒なのでしょうか?

2016年セリーグ監督推定年棒

1億2000万円 金本知憲監督(阪神)
1億円 高橋由伸監督(巨人)
1億円 谷繁元信監督(中日)
7000万円 真中満監督(ヤクルト)
7000万円 緒方孝市監督(広島)
7000万円 ラミレス監督(DeNA)

パリーグに対しセリーグの方が比較的年棒が高いようです。

その中で阪神金本知憲監督の1億2000万円は12球団で最も高額です。

監督未経験の人にこれだけの数字を提示する阪神フロントはどのように考えているのかわかりませんが、能力よりも金本監督の人気に着目したものと考えられます。

結果、監督としての能力があるかどうかはさておき、契約をした時点では監督としての能力が全く未知数の人に1億2000万円を提示したわけですから、そのように思われることは仕方ありませんね。

ただ、巨人の高橋由伸監督の1億円はちょっと意味合いが違うかもしれません。

高橋監督は当時現役を希望していましたが、結局巨人監督の椅子に収まりました。

そこに何があったのかは伺い知ることはできませんが、1億円ということは...まぁそういうことなのでしょう。

スポンサーリンク

2016年パリーグ監督推定年棒は?

パリーグの監督たちは2016年どれくらいの年棒なのでしょうか?

2016年パリーグ監督推定年棒

1億円 工藤公康監督(ソフトバンク)
1億円 梨田昌孝監督(楽天)
8000万円 伊東勤監督(ロッテ)
7000万円 栗山英樹監督(日本ハム)
5000万円 田邊徳雄監督(西武)
5000万円 福良淳一監督(オリックス)

セリーグに対し比較的抑え目な監督の年棒。

選手年棒総額が圧倒的に多いソフトバンクが以外にも少ないという印象です。

また5000万円だった西武田邊徳雄監督とオリックス福良淳一監督は金額も成績もパッとしないシーズンとなってしまいました。

スポンサーリンク

2016年監督推定年棒とチーム順位の比較

2016年セリーグチーム順位と監督推定年棒

1位 広島 緒方孝市監督  7000万円
2位 巨人 高橋由伸監督  1億円
3位 DeNA ラミレス監督  7000万円
4位 阪神 金本知憲監督  1億2000万円
5位 ヤクルト 真中満監督  7000万円
6位 中日 谷繁元信監督  1億円

2016年パリーグチーム順位と監督推定年棒

1位 日本ハム 栗山英樹監督  7000万円
2位 ソフトバンク 工藤公康監督  1億円
3位 ロッテ 伊東勤監督  8000万円
4位 西武 田邊徳雄監督  5000万円
5位 楽天 梨田昌孝監督  1億円
6位 オリックス 福良淳一監督  5000万円

セリーグ最下位に終わった中日、1億円の谷繁元信監督は完全に失敗、パリーグ5位に終わった楽天、1億円の梨田昌孝監督も失敗と言えるでしょう。

セリーグ4位の阪神金本知憲監督、1億2000万円も完全な失敗ですが、人気のある監督だけに商業的な効果を生んでいると思われます。

またセパ共に、7000万円の監督が優勝していることは興味深いですね。

プロ野球2016監督年棒ランキング一覧!チーム順位との比較ものまとめ

監督の年棒を比較する以前に、評価されている選手達に比べ監督の年棒は抑えられているように感じます。

このことは監督の能力は関係なく、良い選手がいれば勝てるスポーツだと印象付けてしまうかもしれません。

実際、2016年セパ両リーグで優勝した監督は7000万円と金額的に低くなっています。

日本のプロ野球が発展するためには、そのあたりの見直しも必要かも知れませんね。

-プロ野球
-, , , ,

スポンサーリンク