全日本大学駅伝2016日程や放送は?エントリーやコースについても

日本の男子大学3大駅伝競走の1つ、秩父宮賜杯全日本大学駅伝対校選手権大会が開催されます。

1970年から始まった伝統ある大会、愛知県名古屋市の熱田神宮西門前から、三重県伊勢市の伊勢神宮内宮宇治橋前まで、伊勢路を駆け抜ける大会には、出雲駅伝、箱根駅伝と並び非常に盛り上がります。

ここでは全日本大学駅伝2016について、日程や放送予定、またエントリーやコースについてもまとめていきたいと思います!

関連記事
杜の都駅伝2016の結果は?区間記録の一覧なども
2017箱根駅伝出場の関東学生連合とは?メンバーや監督についても

全日本大学駅伝2016日程や放送は?

全日本大学駅伝2016の日程についてまとめました。

スタート
2016年11月6日(日)午前8時05分
開会式
11月5日(土)午後4時「朝日ホール」 (朝日新聞名古屋本社15階)
閉会式
11月6日(日)午後2時30分(レース終了後)「神宮会館講堂」

開会式、閉会式は関係者以外入場できないようです。

全日本大学駅伝2016、放送予定は以下になります。

第48回全日本大学駅伝 放送予定
11月6日(日)あさ7時00分 - 午後1時40分(テレビ朝日系列)

スポンサーリンク

全日本大学駅伝2016エントリー紹介!

全日本大学駅伝2016に出場する学校を一覧にしました。

全日本大学駅伝2016エントリー

東洋大学 9大会連続24回目
青山学院大学 4大会連続6回目
駒沢大学 21大会連続23回目
早稲田大学 10大会連続22回目
東海大学 3大会連続29回目
明治大学 9大会連続10回目
北海道教育大学 13大会ぶり3回目
東北大学 4大会連続11回目
山梨学院大学 5大会連続 29回目
日本大学 2大会連続39回目
日本体育大学 7大会連続39回目
拓殖大学 9大会ぶり8回目
帝京大学 2大会連続9回目
國學院大學 2大会連続4回目
中央学院大学 4大会連続10回目
大東文化大学 4大会連続41回目
国士舘大学 6大会ぶり11回目
新潟大学 3大会ぶり10回目
岐阜経済大学 2大会連続3回目
京都産業大学 4大会連続44回目
大阪経済大学 2大会ぶり21回目
立命館大学 16大会連続28回目
関西大学 2大会連続12回目
広島経済大学 3大会連続20回目
日本文理大学 3大会ぶり9回目
全日本大学選抜 オープン参加
東海学連選抜 オープン参加

スポンサーリンク

全日本大学駅伝2016コースについて!

全日本大学駅伝2016、名古屋市の熱田神宮西門前から三重県伊勢市の伊勢神宮内宮宇治橋前のゴールまで106.8㎞。

長距離・短距離を組み合わせた8区間の設定で、前半は小刻みなアップダウンが多く、後半は比較的フラットなコースとなっています。

1区(14.6km)熱田神宮西門前 → 弥富中継所
スタートが朝早い為、寒さとの勝負でもある第1区。
区間を通して名古屋港付近に架かる橋を多数通過するため、小刻みなアップダウンが多いのが特徴。
これを如何に利用し、スタートダッシュをかけられるかが勝負の分かれ目。
2区(13.2km)弥富中継所 → 川越中継所
前半に木曽川大橋と揖斐長良大橋の2つの大きな橋を渡る。
海からの海風さえ激しく吹かなければ、走りやすい区間であり渡る前後にアップダウンが待ち構えている。
13.2kmと距離はやや短めながら、エース級選手の投入が多く見られる区間でもある。
3区(9.5km)川越中継所 → 四日市中継所
スピード区間とも言われる3区は最も距離が短い9.5km、小刻みなアップダウンが続く。
4区(14.0km)四日市中継所 → 鈴鹿中継所
鈴鹿山麓から吹く風を背に受けながら、4本の大きな橋に挑んでゆく4区。
大会通じて3番目に長い4区も、実力あるランナーが集う「準エース」区間。
5区(11.6km)鈴鹿中継所 → 津中継所
全体はいたってフラットな区間である5区。
選手層の厚さによって大きな差となる。
6区(12.3km)津中継所 → 曽原中継所
ほぼ毎年複数校の繰り上げスタートが発生する6区。
選手たちにとっては急激に上昇する気温との戦いになりやすい。
7区(11.9km)曽原中継所 →松阪中継所
アンカー対決へ向けての大事なつなぎ区間、近鉄陸橋付近以外はほとんど平坦。
8区(19.7km)松阪中継所 → 伊勢神宮内宮宇治橋前
全区間の約5分の1を当区間で占める為、各校共にエースが揃う大会最後の区間にして最大のハイライト区間。
伊勢神宮手前のだらだらとした上り坂、ここまでのフラット部分でどれだけ体力を温存できるかがポイント。

全日本大学駅伝2016日程や放送は?エントリーやコースについてものまとめ

駅伝のシーズンが始まり、男女大学駅伝に注目が集まっていますね。

全日本大学駅伝2016の注目は、何と言っても箱根駅伝、出雲駅伝を連覇中の青山学院大学です。

意外にも全日本大学駅伝は優勝しておらず、今大会での初優勝を狙っており、また史上4校目となる大学駅伝三冠を見据えています。

青学が三冠に突き進むのか?それともそれを阻止する大学が現れるのか?非常に気になる全日本大学駅伝2016、注目したいと思います!

-スポーツ
-, , , ,

スポンサーリンク