体操内村航平プロ転向でいくら稼ぐ?錦織圭との比較も

2016/11/06

リオオリンピックでは、前回ロンドン五輪に続き史上4人目となる2連覇を達成、団体総合と併せ2個の金メダルを獲得した内村航平選手。

日本のスポーツ界において最も注目される選手の一人となっています。

そんな内村航平選手の日本体操界初となるプロ転向が明らかになりました。

ここでは内村航平選手のプロ転向について、お金の話を中心にまとめていきたいと思います!

内村航平選手の価値とは?

日本ではほとんどの人が知っているであろう内村航平選手、それこそが彼の価値を表していますね。

内村航平選手の価値を表すものとして、まず彼の築いてきた成績をまとめました。

内村航平獲得メダル

オリンピック 金 2012 ロンドン 個人総合
金 2016 リオデジャネイロ 個人総合
金 2016 リオデジャネイロ 団体総合
銀 2008 北京 個人総合
銀 2008 北京 団体総合
銀 2012 ロンドン 団体総合
銀 2012 ロンドン ゆか
世界選手権 金 2009 ロンドン 個人総合
金 2010 ロッテルダム 個人総合
金 2011 東京 個人総合
金 2011 東京 ゆか
金 2013 アントワープ 個人総合
金 2013 アントワープ 平行棒
金 2014 南寧 個人総合
金 2015 グラスゴー 団体総合
金 2015 グラスゴー 個人総合
金 2015 グラスゴー 鉄棒
銀 2010 ロッテルダム 団体総合
銀 2010 ロッテルダム ゆか
銀 2011 東京 団体総合
銀 2014 南寧 団体総合
銀 2014 南寧 鉄棒
銅 2010 ロッテルダム 平行棒
銅 2011 東京 鉄棒
銅 2013 アントワープ ゆか
銅 2013 アントワープ 鉄棒
ユニバーシアード 金 2007 バンコク 団体総合
金 2007 バンコク ゆか

以上の成績を見ると只々驚くばかりですね。

日本人が世界を舞台にこれほどの好成績を残したことは滅多に無いと思われます。

既に世界の体操界で内村航平選手の名前は知れ渡っており、その点名乗り出るスポンサーも多いのではないでしょうか?

如何せん、サッカーのようなメジャーなスポーツであればとんでもない契約が結ばれるかもしれませんが...

ただ、世界を相手に圧倒してきた実力と、仲間を気遣う発言などのクリーンなイメージはおそらく企業受けもよく、CMなどの起用は十分に考えられます。

スポンサーリンク

内村航平選手の予想される今後は?

現在コナミスポーツに所属している内村航平選手、代々木競技場を舞台に開催される全日本団体選手権を最後に退社する見込みとなっています。

今後はスポーツ選手が所属するマネジメント会社と契約し、スポンサー企業などを募る予定となっています。

日本体操界でのプロ選手は初めてとなるため、価値は未知数ではあるもの注目は非常に高まっています。

また予想の対象として、同じような形でプロに転向した競泳平泳ぎの北島康介は、5億円近い収入があったと言われています。

彼はプロスイマーとして活動し、CMやイベントへの出演など、彼の残した実績をもとに幅広く活躍しました。

しかし、内村航平選手は一説ではこれ以上の商品価値があるとされ、より多くの収入を得るのでは?と予想されています。

スポンサーリンク

錦織圭はいくら稼いでる?

米国の経済誌「フォーブス」が2016年版のスポーツ選手長者番付を発表しています。

その中で29位にランクインしたのがテニスの錦織圭選手の総年収約35億8600万円であり、勿論日本人選手最高となっています。

錦織圭選手の収入内訳は、スポンサー収入が約32.1億円で、年俸、賞金が3.7億円とされています。

次にランクインしているのが74位メジャーリーグの田中将大投手の総年収約24億6200万円です。

こちらの収入内訳は年俸、賞金約23.5億円で、スポンサー収入が約1.1億円です。

この2人を比較するとスポンサー収入と年棒、賞金の割合が全く異なります。

錦織圭(テニス) 総年収約35億8600万円 (スポンサー収入 約32.1億円 年俸、賞金 約 3.7億円)
田中将大(野球) 総年収約24億6200万円 (スポンサー収入 約 1.1億円 年棒、賞金 約23.5億円)

内村航平選手の場合は、金額のスケール違えど錦織圭選手のケースに近いと考えられ、彼の収入はスポンサー契約によるところが大きいと考えられます。

体操内村航平プロ転向でいくら稼ぐ?錦織圭との比較ものまとめ

内村航平選手のプロ転向は、市場として余り大きくないスポーツ選手にとって、新たなケースを示すものになると考えられます。

どんな競技においても、世界を相手に活躍し、人間として人を惹きつける魅力があること、この二つががあればプロとして活躍できる可能性があります。

この先、内村航平選手にはどんな未来が待っているでしょうか?願わくば2020年東京オリンピックで金メダルを獲得し、選手としての商品価値をさらに拡大させることを祈りたいですね。

-スポーツ
-, ,

スポンサーリンク