全日本総合バドミントン2016日程や放送は?過去の結果についても

2016/12/04

日本バドミントン、リオオリンピックでの大活躍は記憶に新しく、マイナー競技とされていたバドミントンも少しずつ日の目を見ているようですね。

メダルを獲得できる選手の出現は知名度を向上させ、競技人口の増加による底辺を拡大し、競技力の向上につながります。

益々注目されるバドミントンですが、間もなく日本トップの選手が戦う全日本総合バドミントン2016が開催されます。

ここでは全日本総合バドミントン2016の日程や放送、また過去の結果についてなどまとめていきたいと思います!

全日本総合バドミントン2016の日程や放送、会場は?

11月28日(月)から12月4日(日)にかけて開催される全日本総合バドミントン2016の日程についてまとめます。

第70回 全日本総合選手権大会日程

11月28日(月) 14:00 予選組合せ抽選会 予選(代々木第二体育館)
11月28日(月) 17:00 開会式 (岸記念体育会館1F日本スポーツマンクラブ)
11月29日(火) 9:00 試合開始 各種目 予選(代々木第二体育館)
各種目予選終了後 本選組合せ抽選会(代々木第二体育館 会議室)
11月30日(水) 9:00 試合開始 各種目 1回戦(代々木第二体育館)
12月1日(木) 10:00 試合開始 各種目 2回戦(代々木第二体育館)
12月2日(金) 12:00 試合開始 各種目 3回戦(代々木第二体育館)
12月3日(土) 12:00 試合開始 各種目 準決勝(代々木第二体育館)
12月4日(日) 10:00 試合開始 各種目 決勝(代々木第二体育館)

放送予定は以下になります。

第70回 全日本総合選手権大会放送予定

12月2日(金)午後0:00-(午後2:49) 第70回全日本総合バドミントン選手権 生放送(NHK-BS1)
12月3日(土)午後0:00-(午後2:49) 第70回全日本総合バドミントン選手権 準決勝 生放送(NHK-BS1)
12月4日(日)午前10:00-(午後2:50) 第70回全日本総合バドミントン選手権 決勝 生放送(NHK-BS1)

次に会場は以下になります。

会場
国立代々木競技場第二体育館(以下代々木第二体育館)
アクセス
JR山手線「原宿駅」、東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前駅」下車徒歩5分

スポンサーリンク

全日本総合バドミントン2016のチケットは?

全日本総合バドミントン2016のチケットについてまとめます。

11月29日(火)の予選から12月2日(金)の3回戦までは当日券のみの販売となっています。

12月3日(土)、12月4日(日)はチケットぴあにて前売り券を販売中です。

全日本総合バドミントン2016チケット料金

11月29日(火) 予選 一般・中高生共通 500円
11月30日(水) 1回戦 一般  1,000円
中高生 500円
12月1日(木) 2回戦 一般  1,000円
中高生 500円
12月2日(金) 3回戦 一般  1,000円
中高生 500円
12月3日(土) 一般  当日券 2,000円(前売り 1,500円)
中高生 当日券 1,000円(前売り 700円)
12月4日(日) 一般  当日券 2,000円(前売り 1,500円)
中高生 当日券 1,000円(前売り 700円)

スポンサーリンク

全日本総合バドミントン過去の結果は?

全日本総合バドミントンの過去の結果についてまとめます。

全日本総合バドミントン選手権大会男子シングルス優勝者

2006年 佐藤翔治
2007年 佐々木翔
2008年 田児賢一
2009年 田児賢一
2010年 田児賢一
2011年 田児賢一
2012年 田児賢一
2013年 田児賢一
2014年 佐々木翔
2015年 桃田賢斗

全日本総合バドミントン選手権大会女子シングルス優勝者

2006年 廣瀬栄理子
2007年 今別府香里
2008年 廣瀬栄理子
2009年 廣瀬栄理子
2010年 廣瀬栄理子
2011年 奥原希望
2012年 今別府香里
2013年 三谷美菜津
2014年 山口茜
2015年 奥原希望

全日本総合バドミントン選手権大会男子ダブルス優勝者

2006年 池田信太郎
坂本修一
2007年 川口馨士
川前直樹
2008年 池田信太郎
坂本修一
2009年 平田典靖
橋本博且
2010年 平田典靖
橋本博且
2011年 平田典靖
橋本博且
2012年 早川賢一
遠藤大由
2013年 早川賢一
遠藤大由
2014年 早川賢一
遠藤大由
2015年 園田啓悟
嘉村健士

全日本総合バドミントン選手権大会女子ダブルス優勝者

2006年 小椋久美子
潮田玲子
2007年 小椋久美子
潮田玲子
2008年 小椋久美子
潮田玲子
2009年 松尾静香
内藤真実
2010年 末綱聡子
前田美順
2011年 高橋礼華
松友美佐紀
2012年 高橋礼華
松友美佐紀
2013年 高橋礼華
松友美佐紀
2014年 福万尚子
與猶くるみ
2015年 高橋礼華
松友美佐紀

全日本総合バドミントン選手権大会混合ダブルス優勝者

2006年 舛田圭太
前田美順
2007年 舛田圭太
前田美順
2008年 舛田圭太
前田美順
2009年 平田典靖
前田美順
2010年 平田典靖
前田美順
2011年 池田信太郎
潮田玲子
2012年 嘉村健士
米元小春
2013年 早川賢一
松友美佐紀
2014年 早川賢一
松友美佐紀
2015年 数野健太
栗原文音

全日本総合バドミントン2016日程や放送は?過去の結果についてものまとめ

日本国内最高峰の大会である全日本総合バドミントン選手権大会、リオオリンピックでの大活躍を受け注目が高まっています。

女子はメダルを獲得していることもあり、世界トップクラスの戦いが繰り広げられることになります。

実力者が予想通りの活躍をみせるのか?または新星が現れるのか?注目しましょう!

-スポーツ
-, , , ,

スポンサーリンク