スキージャンプ女子ワールドカップの日程や放送は?過去の結果も

2017/02/07

2016年もスキージャンプのシーズンが始まり、スキージャンプ女子ワールドカップ2016/2017の開催が近づいています。

日本では高梨沙羅選手の活躍により、同大会への関心も高く、近づいているオリンピックへ向けて重要な大会となります。

毎シーズン安定した成績を残している高梨選手、2016/2017シーズンも他を圧倒するジャンプを見せるのでしょうか?

ここではスキージャンプ女子ワールドカップ2016/2017について日程や放送、また過去の結果についてもまとめていきたいと思います!

関連記事
スキージャンプ女子W杯2017蔵王テレビ放送情報!高梨沙羅の成績も
スキージャンプ2017蔵王チケットと会場は?アクセスと駐車場情報も
スキージャンプ伊藤有希のプロフィールや成績は?W杯についても

スキージャンプ女子ワールドカップ2016/2017の日程は?

高梨沙羅選手をはじめとする日本勢の活躍が期待されるスキージャンプ女子ワールドカップ2016/2017の日程についてまとめます。

スキージャンプ女子ワールドカップ2016/2017日程

2016年12月2日 リレハンメル大会(ノルウエー)
2016年12月3日 リレハンメル大会(ノルウエー)
2016年12月10日 ニジニ・タギル大会(ロシア)
2016年12月11日 ニジニ・タギル大会(ロシア)
2017年1月7日 オーベルシュトドルフ大会(ドイツ)
2017年1月8日 オーベルシュトドルフ大会(ドイツ)
2017年1月14日 札幌大会(日本)
2017年1月15日 札幌大会(日本)
2017年1月20日 蔵王大会(日本)
2017年1月21日 蔵王大会(日本)
2017年1月28日 ルシュノヴ大会(ルーマニア)
2017年1月29日 ルシュノヴ大会(ルーマニア)
2017年2月4日 ヒンツエンバッハ大会(オーストリア)
2017年2月5日 ヒンツエンバッハ大会(オーストリア)
2017年2月11日 リュブノ大会(スロベニア)
2017年2月12日 リュブノ大会(スロベニア)
2017年2月15日 ピョンチャン大会(韓国)
2017年2月16日 ピョンチャン大会(韓国)
2017年3月11日 オスロ大会(ノルウエー)

スポンサーリンク

スキージャンプ女子ワールドカップ2016/2017の放送予定は?

日本でも注目されているスキージャンプ女子ワールドカップ2016/2017、テレビの放送が予定されています。

スキージャンプ女子ワールドカップ2016/2017放送予定

第1戦リレハンメル大会 2016年12月3日(土) 午前1:00-(午前2:49)NHK-BS1 生中継
第2戦リレハンメル大会 2016年12月3日(土) 午後11:00-午前0:00NHK-BS1 サブch102 生中継
2016年12月4日(日) 午前0:00-(午前0:49)NHK-BS1 生中継
第3戦ニジニ・タギル大会 2016年12月10日(土) 午後9:00-(午後10:50)NHK-BS1 サブch102 生中継
第4戦ニジニ・タギル大会 2016年12月11日(日) 午後8:00-(午後9:50)NHK-BS1 サブch102 生中継
第5戦オーベルシュトドルフ大会 未定
第6戦オーベルシュトドルフ大会 未定
第7戦札幌大会 未定
第8戦札幌大会 未定
第9戦蔵王大会 2017年1月20日(金) 午後4:55-(午後6:49) NHK-BS1 生中継
第10戦蔵王大会 2017年1月21日(土) 午後4:55-(午後6:49) NHK-BS1 生中継
第11戦ルシュノヴ大会 未定
第12戦ルシュノヴ大会 未定
第13戦ヒンツエンバッハ大会 未定
第14戦ヒンツエンバッハ大会 未定
第15戦リュブノ大会 2017年2月11日(土) 午後8:55 - 午後10:00 NHK-BS1 サブch102
2017年2月11日(土) 午後10:00 - 午後10:49 NHK-BS1
第16戦リュブノ大会 2017年2月12日(日) 午後8:55 - 午後10:00 NHK-BS1 サブch102
2017年2月12日(日) 午後10:00 - 午後10:49 NHK-BS1
第17戦ピョンチャン大会 2017年2月15日(水) 午後4:55 - 午後6:49 NHK-BS1 サブch102
第18戦ピョンチャン大会 2017年2月16日(木) 午後3:40 - 午後5:30 NHK-BS1
第19戦オスロ大会 未定

NHK-BS1にて生中継されているため、ホームページ等でチェックしてください。

スポンサーリンク

スキージャンプ女子ワールドカップ過去の結果など

これまでの成績についてまとめます。

女子シーズントップ3

2011/12 総合優勝 サラ・ヘンドリクソン(アメリカ)
2位    ダニエラ・イラシュコ(オーストリア)
3位    高梨沙羅(日本)
2012/13 総合優勝 高梨沙羅(日本)
2位    サラ・ヘンドリクソン(アメリカ)
3位    コリン・マテル(フランス)
2013/14 総合優勝 高梨沙羅(日本)
2位    カリーナ・フォークト(ドイツ)
3位    伊藤有希(日本)
2014/15 総合優勝 ダニエラ・イラシュコ=シュトルツ(オーストリア)
2位    高梨沙羅(日本)
3位    カリーナ・フォークト(ドイツ)
2015/16 総合優勝 高梨沙羅(日本)
2位    ダニエラ・イラシュコ=シュトルツ(オーストリア)
3位    マヤ・ブティッツ(スロベニア)

女子ワールドカップ通算勝利

1 高梨沙羅(日本) 44
2 サラ・ヘンドリクソン(アメリカ) 13
3 ダニエラ・イラシュコ=シュトルツ(オーストリア) 12
4 コリン・マテル(フランス) 2
4 カリーナ・フォークト(ドイツ) 2
6 サブリナ・ヴィンドミュラー(スイス) 1
6 アネッテ・サーゲン(ノルウェー) 1
6 ジャクリーン・ザイフリーツベルガー(オーストリア) 1
6 イリーナ・アブバクモワ(ロシア) 1
6 シュペラ・ロゲイユ(スロベニア) 1
6 マヤ・ブティッツ(スロベニア) 1

スキージャンプ女子ワールドカップ、ご存知の通り高梨沙羅選手が他を圧倒しています。

2016/17シーズンも高梨沙羅選手の総合優勝が期待できますね。

スキージャンプ女子ワールドカップの日程や放送は?過去の結果ものまとめ

毎大会生中継されるほど日本で注目されているスキージャンプ女子ワールドカップ。

視聴者にとっては、高梨沙羅選手が優勝できるか?ではなく、2位にどれだけ差をつけて優勝するのか?に興味があります。

1人異次元のジャンプをみせる高梨選手にとっては、オリンピックの雪辱を果たすための重要なシーズンになります。

開幕が迫るスキージャンプ女子ワールドカップ、注目しましょう!

-スポーツ
-, , ,

スポンサーリンク