スキージャンプ2017蔵王チケットと会場は?アクセスと駐車場情報も

スキージャンプ女子W杯2016-2017、既に第8戦まで終了しました。

2017年1月20日、21日の蔵王大会に向けて益々注目が集まっていますね。

日本での開催ということもあり、メディアに取り上げられる機会も増えています。

ここではスキージャンプ女子W杯2017蔵王大会について、チケットや会場の情報、また交通手段などまとめたいと思います。

関連記事
スキージャンプ女子ワールドカップの日程や放送は?過去の結果も
スキージャンプ女子W杯2017蔵王日程や放送は?高梨の優勝は?

スキージャンプ女子W杯2017蔵王大会チケットは?

高梨選手、伊藤選手の活躍により注目を集める、スキージャンプ女子W杯2017。

更に、2週連続での日本開催ということで話題となっています。

1月14日、15日に開催された札幌大会では、伊藤有希選手が悲願のW杯初優勝を果たしました。

彼女にとって地元北海道での優勝は、格別なものであったと思われます。

今シーズンは好調を維持しており、この先もまだまだ活躍が予想されています。

一方、今シーズンも既にW杯5勝を挙げ、女王として強さを見せている高梨沙羅選手。

50勝まであと1勝と迫っており、札幌での達成が期待されていましたが、珍しく失速。

というよりは、他の選手が良かったと見るべきかもしれません。

彼女には、蔵王大会での50勝達成が期待されています。

このように注目ポイントが多い、スキージャンプ女子W杯2017蔵王大会。

テレビ中継もありますが、せっかく日本で開催される大会。

しかも世界のトップ選手が集う、W杯です。

会場で観戦したいという方も多いのではないでしょうか?

チケット情報についてまとめます。

・・・が。

なんと、ホームページによると、「入場料は両日とも無料となっております」とのこと!

スキージャンプ女子W杯2017蔵王大会が無料で観戦できるようなんです!

これは行くしかないようですね!

スポンサーリンク

スキージャンプ女子W杯2017蔵王大会会場は?

是非、現地で観戦したい大会、スキージャンプ女子W杯2017蔵王大会。

会場についてまとめます。

会 場
クラレ蔵王シャンツェ (山形市蔵王ジャンプ台)

山形市蔵王ジャンプ台は国際スキー連盟公認のスキージャンプ競技場であり、2012年にスキージャンプ女子W杯が日本国内で初めて開催されました。

2015年以降、ネーミングライツにより「クラレ蔵王シャンツェ」という名称が使用されています。

日本が誇るこのジャンプ台で、日本勢が優勝することが出来るでしょうか?

世界中のスキージャンプファンの視線が、蔵王に集まります!

スポンサーリンク

スキージャンプ女子W杯2017蔵王大会、会場への交通手段は?

スキージャンプ女子の世界トップ選手が顔を揃え、最高峰の戦いが繰り広げられる大会、スキージャンプ女子W杯。

現地で観戦するにはなかなかハードルが高いと感じている人も多いのではないでしょうか?

ただ、なかなか見られない大会ですので、是非現地で観戦しましょう!

クラレ蔵王シャンツェまでの交通手段

バス
山形駅~蔵王温泉バスターミナル

蔵王温泉バスターミナル~総合グラウンド駐車場~蔵王体育館前
・1月20日(金)、21日(土)は15時~無料シャトルバスが運行。

蔵王体育館~ジャンプ台 (徒歩15分程度)

駐車場
・大会観戦者用の駐車場はあるようですが、公共交通機関を利用した方がよさそうです。
・近隣の有料駐車場(1日1,000円)は混雑が予想されるようです。  

観戦が初めての方にとっては、非常に遠く感じるかもしれませんが、W杯です!

世界中のトップ選手が集まる大会を観戦することはなかなかできません。

是非、現地で観戦しましょう!

スキージャンプ女子W杯2017蔵王チケットや会場は?交通手段情報のまとめ

盛り上がりが予想されるスキージャンプ女子W杯2017蔵王大会。

札幌での2戦を踏まえ、蔵王大会でも高梨選手、伊藤選手の上位独占が期待されています。

恐らく、会場は熱気に包まれることでしょう。

注目したいと思います!

-スポーツ
-, , , , ,

スポンサーリンク