WBC次回はいつ?第5回大会の侍ジャパン監督と有力選手予想も

間もなく開催されるWBC2017

この大会は日本人にとって非常に重要な大会となっていますね。

放送の視聴率を見れば、どれだけ関心があるのか一目でわかります。

ここではWBC次回開催の予想、第5回大会の侍ジャパン監督と有力選手予想などまとめていきたいと思います!

関連記事
WBC2017日韓戦の試合日程は?過去の対戦成績についても
WBC2017球数制限は何球?日本代表投手の登板間隔は何日?
WBC2017日本代表(侍ジャパン)選手と監督の報酬金額はいくら?
WBC2017イチロー不参加の理由は?2021(第5回)の監督候補説も
WBC2017決勝戦の日程と試合開始時間は?テレビ放送も!
WBC2017チケット入手方法は?日本開催試合日程一覧!

WBC第5回はいつ?

開催が近づくにつれ、メディアにも取り上げられることが多くなってきたWBC2017。

しかしここにきて、大谷選手離脱という衝撃的なニュースが。

今大会では日本のエースとして、また優勝を狙うための柱として期待されていただけに非常に残念ですね。

あとの選手たちに期待するほかありません。

第4回となる今回のWBC、そちらが開催前ではありますが、次の第5回について考えたいと思います。

4年に1度のWBC、次回開催は大まかに予想できます。

WBC過去の開催日

第1回大会
 初戦 2006年3月3日
 決勝 2006年3月20日
第2回大会
 初戦 2009年3月5日
 決勝 2009年3月23日
第3回大会
 初戦 2013年3月2日
 決勝 2013年3月19日
第4回大会
 初戦 2017年3月7日
 決勝 2017年3月22日

このように日程はほとんど変わっていないため、

第5回WBC開催日予想

第5回大会
 初戦 2021年3月5日辺り
 決勝 2021年3月20日辺り

となると予想されます。

しかし、気になるニュースも報じられています。

今回第4回となるWBC2017でWBCが消滅するのでは?とされています。

そもそも成り立ちから非常にたくさんの問題を抱えていたWBC。

日本では視聴率や商業的に大成功を収めていますが、課題は山積しています。

WBCは今後どのような道を歩むのでしょうか?

スポンサーリンク

第5回WBC侍ジャパン監督は?

消滅の可能性があるWBCですが、だからと言って侍ジャパンがなくなるわけではありません。

その他の国際試合などもあり、監督も常に必要な存在となります。

では4年後の侍ジャパンの監督には誰がふさわしいのでしょうか?予想したいと思います。

1人目の候補は、小久保監督。

ただし、WBC2017で国民が納得いく成績を収めたらという条件付きです。

まだ年齢的に若いため、優勝すれば続投が濃厚。

ですが決勝ラウンドに進出できない場合や、日韓戦で敗退すれば辞めざるを得ないでしょう。

侍ジャパンの監督という地位は、世論で左右される程の国民的な関心事となっています。

実際、継投ミスで敗退した韓国戦の後はもの凄いバッシングにあいました。

次に、稲葉篤紀氏です。

現在の侍ジャパンの打撃コーチとして関わっており、自らも侍ジャパンの一員として活躍しました。

年齢的に若く、選手とのコミュニケーションには問題ないでしょう。

また、現在コーチとして経験を積んでおり、4年後にはある程度の経験値があると思われます。

最後に、大穴のイチロー選手です。

はっきり言うと、まずあり得ないと思われます。

ただ、これまで積み重ねてきた圧倒的な実績、カリスマ性があり、選手としてもWBCで活躍しました。

監督としての経験は不足していますが、もし実現すれば誰も文句は言えないでしょう。

スポンサーリンク

第5回WBC侍ジャパンの有力選手は?

第5回WBCは、予定通り開催されれば2021年となります。

その年に侍ジャパンの中心として活躍できる選手は誰なのでしょうか?

やはりチームの柱として期待されるのは大谷翔平選手となるでしょう。

年齢的にも選手として最盛期を迎えているかもしれません。

その他、打線の軸として筒香選手、また広島カープの鈴木誠也選手も期待できるかもしれませんね。

次回大会で活躍する選手を予想しながら、WBC2017を観戦することも楽しみの一つとなるかもしれません。

WBC次回はいつ?第5回大会の侍ジャパン監督と有力選手予想ものまとめ

現在の侍ジャパンには若い選手も多く、次回の大会はさらに期待できるかもしれませんね。

ただ、目前に迫ったWBC2017も好結果を期待しなければなりません。

確かに大谷選手の離脱は非常に厳しいですが、これまでの大会では何度も困難を乗り越えてきました。

侍ジャパンの活躍を祈りましょう!

-スポーツ, プロ野球
-, , , , ,

スポンサーリンク